気になったネット記事

なんとなくネットサーフィンをしていて気になった記事。

新人に「ほう・れん・そう」を教える上司が心がける「お・ひ・た・し」に共感の声、その内容は? | オトナンサー
上司への報告、連絡、相談、いわゆる「ほう・れん・そう」に「お・ひ・た・し」で返す「ほうれんそうのおひたし」がSNS上で共感を呼んでいます。その内容はどのようなものでしょうか。

会社での”ほうれんそう”(報・連・相)に続く”おひたし”(怒否助指)
怒らない 否定しない 助ける 指示する。

さて、今の自分に当てはめて考えてみる。

報告
してるつもり・・・。
(上司への報告は上司の顔色伺いながらになってるな)
陽気キャラなら関係なく話せるだろうが

連絡
必要に応じてできてると思っているけど、
実際に相手が必要としている連絡ってできているのかなぁ
それもあるけど社内LINEを読んでないと言うか未読スルーが多い。
自分向けの要件が殆ど来ないのと、「了解」通知が多すぎるので通知オフに
そういえば昔即レス社内1番を目指そうとした時があったな。

相談
してない。マンパワーで解決を試みる。
相談しない←→相談されない
本気でどうにもならない時は背に腹は代えられないので相談する

窓際の理由がここにありますね。。。

引き続きの”おひたし”

怒らない
怒るという感情を出してはいないと思うけど
自己都合で薄い反応しちゃってる時はある。
ドライな反応が多い会社だから流されてる所はある。

否定しない
否定しない努力はしているけど、トンチンカンな事は否定しているかな
これも言い方次第というか受け取り方次第という所あるよな。
自分勉強してるからってポジショントークしちゃうのかなぁ

助ける
これは微妙だなぁ。
表立ってはやってないから
助けない←→助けてもらえない
鶏が先←→卵が先
に近いものがあるけれども、
休み等でいないの時にそっと助け助けられてる事はあるのは理解している。

指示する
これは一番やってない。というか部下がいない。
社歴が若い子はボチボチいるけど
それぞれ上司がいるし、部外者が何だかんだ言うのもあれだなぁ。
それぞれのやり方に文句言いあってもしょうが無いし
先輩社員に口出ししたせいで窓際族になったっていうのもあるし
依然わだかまりあるので言うのを辞めた事もある。

前の会社の人から言われるのは 変わったな とは言われる。
前職の時は何だかんだ言って出来てたよなぁと感じるが
独りよがりの捻くれが心地よくもあって
キャラ変えも今更感が出てきてる。
人としての”たりなさ”を感じる

自分を客観的に見直すのも大事だな

コメント

タイトルとURLをコピーしました